海外FXの固定スプレッドと変動スプレッドはどちらがお得?

固定スプレッドの特徴

固定スプレッドの特徴の画像
スプレッドは、いわゆる売り値と買い値の差額のことで、広いとその分取引コストが高くなる仕組みです。

固定スプレッドは為替の動きに影響されず、国内の業者では必ず導入されています。
基本的に、国内の業者は取引方式がDD方式のため、トレーダーが負ければ利益を出せるよう操作するためスプレッドを固定させることが可能です。

海外の業者では変動スプレッドが中心ですが、海外FX業者のiFOREXなどは固定スプレッドを採用しています。

スプレッドはスキャルピングトレードをする際にはとくに気になる項目で、少しでも狭くすれば取引コストを減らせます。

このため、国内の業者はスプレッドを利益として考える必要がなく、いわゆる集客をするために固定してなおかつ狭くする傾向が強いです。

スプレッドはレートが急変動すると大きく影響するものですが、その際にも「原則固定」という表現で案内するため、必ずしも固定されているわけではありません。

以上のように、スプレッドは固定制だと大きな値動きが見込まれても影響を受けることがなく、損益を計算しやすいため有利だといえます。

基本的に、スプレッドが変動するタイミングは注文が集中しやすく、取引サーバーが混雑して対応できない状況になれば起きやすいです。

このため、固定スプレッドを採用する業者は激しく世の中が動きやすい時期に有利になり、狭く設定していればスキャルピング取引をするためにコストを減らせます。

変動スプレッドの特徴

変動スプレッドの特徴の画像
変動スプレッドは海外の業者でメインに導入され、リアルタイムで変動します。

基本的に、海外の業者はNDD方式でディーラーを介さないためスプレッドが収益の源になり、為替の動きなどに応じて変動させる傾向が強いです。

スプレッドが広くなるタイミングは外国為替市場が最も活発に動く時間帯で、海外の都市は時差があるためニューヨークやロンドンなどでは日本時間で21時から3時頃に取引が集中しやすくなります。

スプレッドは取引が多い時間帯になると広がる傾向があり、深夜のピーク時に集中的に取引をするなら変動制にするとお得です。

逆に時間を気にしない場合は固定制にすると有利になり、トレードスタイルに合わせて選ぶと取引コストを減らせます。

以上のように、スプレッドは海外の業者では多く採用され、国内の業者よりも広くなります。
その分、NDD方式のためトレーダーを負けさせるように操作されることはなく、なおかつレバレッジも高く一獲千金を狙いやすいです。

また、スプレッドを比較する時はリアルタイムに変動するため、平均値を参考にして通貨ペアを選ぶ必要があります。

基本的に、スプレッドは同じ業者でも通貨ペアと口座タイプによって変動するため、それぞれの違いを確かめて選ぶ方法が望ましいです。

海外の業者は口座開設や入金などのボーナスもあり、変動スプレッドでも変わりやすい時間帯を把握しておけば気にせずトレードをしやすくなります。

また、経済指標発表時や政府の要人の重要な会見が行われた時は大きく変動しますが、事前に予測できるため自分自身でトレードを行う時間を工夫できます。

ただし、天変地異や金融ショックなどは予測不可能なため、不安なら固定制にしたほうが良さそうです。

固定スプレッドと変動スプレッドを比較

固定スプレッドと変動スプレッドを比較の画像
海外の業者は変動スプレッドが中心ですが、固定スプレッドを採用する業者もあります。

ドル円で比較してみる

変動制のXMや固定性のiFOREXではスプレッドに力を入れていませんが、ドル円で比較すると下記のようになります。

  • XM→2.0pips
  • iFOREX→1.8pips

このように、実際には固定スプレッドを採用するiFOREXのほうが狭いことが特徴です。

変動スプレッドを採用する海外FX業者と、固定スプレッドを採用する海外FX業者のスプレッドをドル円で比較してみます。

変動スプレッド採用業者

TitanFX

  • スタンダード口座→1.33pips
  • ブレード口座(ECN口座)→1.03pips

AXIORY

  • スタンダード口座→1.50pips
  • ナノスプレッド口座(ECN口座)→1.00pips

XM

  • スタンダード口座→1.70pips
  • ZERO口座(ECN口座)→1.10pips

LAND-FX

  • Live口座(STP口座)→0.8pips

LAND-FXが変動制の中でも最も狭いですが、スキャルピングなど取引の禁止事項が多いなど制限があります。

TitanFXやAXIORYも狭いスプレッドを提供していますが、XMようなボーナスプログラムは行っていません。

固定スプレッド採用業者

iFOREX

  • 1.8pips

IronFX

  • マイクロ口座→2.20pips
  • ライブスプレッド口座→1.60pips
  • 固定ゼロフィックススプレッド口座→0.00pips

海外FXは変動制がスタンダード

以上のように、海外の業者の多くは変動性を採用する傾向があり、口座タイプや通貨ペアによって異なるためじっくりと確かめる必要があります。

ただし、固定スプレッドでも「原則固定」となっていることが多く、大きな値動きがあれば変わることもあります。経済指標発表時や要人の重要な会見が予想されているタイミングで取引を行うことを避けると良さそうです。

必ずしも同じ条件で同じ通貨ペアでも固定スプレッドのほうが変動スプレッドより低いこともあり、なおかつECN口座ではスプレッドを狭く設定する代わりに取引手数料がかかります。

日本人トレーダーであればドル円などを中心に平均値を確かめ、狭い業者は取引制限がありスキャルピングを禁止する傾向が強いです。

スプレッドは取引コストと同じことですが、業者を選ぶ際にはスキャルピングを中心にするなら狭くし、初心者であれば安心して取引ができる方法を選ぶと無難になります。

トレードスタイルに合わせてスプレッド方式を選ぶ

トレードスタイルに合わせてスプレッド方式を選ぶの画像

スプレッドは固定制と変動制があるため仕組みを把握し、トレードを有利に進めやすくなるように決める必要があります。

国内の業者は固定制ですが、あくまで「原則固定」と表記されているだけで急に値動きがあれば広がることもあるため変動するタイミングを把握する必要があります。

固定スプレッドは経済状況に影響されずにそのまま変動するため、時間帯を気にせずに取引をするのに向いています。

また、スキャルピングの際には狭い業者を選ぶと取引コストを減らせるため、固定制にすると効果があります。

逆に変動制にすると取引が集中しやすい時間帯などを把握し、スプレッドが狭くなるようにすれば取引コストを減らせて便利です。
このため、変動制狭くなるようにタイミングを見極めれるトレーダーに向いていますが、同じ業者でも通貨ペアや口座タイプによって大きく変わり平均値を基準に選ぶ必要があります。

基本的に、値動きが起きやすいタイミングは経済指標発表時や要人の重要な会見がある時で、このようなことはあらかじめ予測できるものです。

しかし、地震などの天変地異や金融ショックなどは予測不可能で、変動スプレッドであればリスクがあることを認識する必要があります。

固定スプレッドは「原則固定」と表示されていれば変動する可能性はゼロではなく、固定と断定して表記されていれば時間帯を気にせずにトレードをするために向いていることが特徴です。

FXをする時はスキャルピング取引を中心に考えるとスプレッドが優先になり、固定制で狭い業者を選ぶと安心できます。

しかし、海外の業者はほとんど変動制を採用することや、国内の業者は原則固定とするためイメージとはズレてしまうこともあります。

変動スプレッドの業者は平均値を基準に比較すると値動きがあっても分かりやすく、狭くなるタイミングを選んで取引をするように考えると効果的です。

最近では急激に為替変動が起きやすくなり、固定制にすると安心して取引ができるものの実際には扱う業者は限られます。

スプレッドは取引コストで狭くする口座も業者ごとになりますが、実際には取引手数料がかかるため合計値を確かめて決める必要があります。

固定スプレッドと変動スプレッドの違いはあくまでも市場の動向や経済状況に影響されるか否かになり、業者を選ぶ際にはそれがすべてではなく他の項目を比較して選ぶと良さそうです。

他の項目とは新規口座開設や入金などのボーナスや、最大レバレッジのほか、業者の運営実績や資金管理の方法や取引方式などがあります。

国内の業者はスプレッドを原則固定し狭く設定していますが、実際にはDD方式のためノミ行為が発生して利益を出すことは難しいものです。
また、レバレッジも最大で25倍に制限され今後は10倍に制限することが予定され、同じ取引量でも必要な有効証拠金の金額が増えてしまいます。

このため、海外の業者を中心に考え、たとえスプレッドが広めでも変動スプレッドであれば低くなるタイミングを知ると取引コストを減らせます。

他にも高いレバレッジを利用して必要な有効証拠金を減らし、なおかつ新規口座開設や入金などのボーナスをうまく活用すると負担する金額を減らせて便利です。

以上のように、固定スプレッドはあくまでも取引時間にこだわらず、為替変動のリスクを回避するために選ぶと良さそうです。

ちなみに、国内の業者の多くは固定スプレッドを採用していますが急激な値動きがあれば広がることもあり、きちんと見極めてトレードをするタイミングを決める必要があります。

一方の変動スプレッドは平均値を基準に比較し、経済指標発表や要人の重要な会見はあらかじめ予測できるためなるべく避けると良さそうです。

また、海外の業者の多くで導入されているため、低くなるタイミングを知ることやECN口座を選ぶとスキャルピング取引をしやすいです。ただし、スプレッドが非常に狭い業者は取引制限を行い、スキャルピングや両建てを禁止するため事前に確認して決める必要があります。ス

プレッドは少しでも狭くしたいものですが、業者を選ぶ際には他の項目を比較して総合的に判断して決めないと思うようなトレードができないため注意が必要です。

各スプレッド方式のおすすめの海外FX業者

各スプレッド方式のおすすめの海外FX業者の画像

固定制ならiFOREXがおすすめ

固定制の業者ではiFOREXがおすすめで、日本人トレーダーに人気の米ドル日本円ではスタンダード口座で1.8pipsと他社よりもスプレッドが狭くなります。

iFOREXといえばアイフォ戦士と呼ばれることで有名で、最大で400倍のレバレッジを利用し、なおかつロスカットが0%になるなど有利な点が多いです。

他にも固定スプレッドのため為替変動にも対応でき、100%入金ボーナスや現金キャッシュバック制度もあるため使いやすい業者ともいえます。

また、日本語サポートも充実して口座への入金方法も多彩で、取引通貨ペアが多くてマイナーな通貨ペアもあるためスワップポイントを狙えます。

また、1996年に設立されて23年の歴史があることや金融ライセンスを保有し、資金管理がきちんとできているため倒産のリスクを回避できます。

また、追証なしのロスカットシステムを採用し、海外の業者は固定スプレッドを設定していますが有利な点が多い業者です。

変動制ならXMがおすすめ

変動スプレッドの業者ではXMがおすすめで、3種類の口座タイプを選べてそれぞれ通貨ペア別にスプレッドが異なります。

変動スプレッドのため平均値を参考にして決め、ボーナスが豊富な分広めになりますがZERO口座もあり狭くすることもできます。

なおかつ、取引制限がなくスキャルピングをするために考えると便利で、経済指標発表時や要人の重要な会見などをなるべく避けると効果的です。

スプレッドは基本的に米ドルやユーロ、日本円などを組み合わせると狭くなり、最適な通貨ペアを選ぶと変動しても問題なく取引ができます。

XMは最大レバレッジ888倍、口座開設ボーナスに加えて2段階の入金ボーナスがもらえるなど、その他手厚いサービスを多く提供していることから、日本人トレーダーから絶大な人気を誇ります。

しかし、スプレッドが狭くなるZERO口座は取引手数料が1ロットあたり1.0pipsと高くなり、なおかつ最大レバレッジが低く最小入金額が増えてボーナスが一切ないなどそれなりに制限を受けるため注意が必要です。

固定スプレッドと変動スプレッドのまとめ

海外の業者を選ぶ時は基本的に変動スプレッドを採用しますが、変化しやすいタイミングや時間帯を知るとさほど問題にはならないものです。

また、スキャルピング狙いであれば狭い業者を選ぶと良さそうですが、スプレッドが非常に狭いと事前に取引制限を設けて禁止することもあります。

スプレッドは変動制であればリアルタイムスプレッドが採用されるため、取引のタイミングではイメージよりもずれることもあるものです。

また、国内の業者の多くは固定スプレッドですが、あくまでも原則固定になっているため必ずしも一定ではないため注意が必要です。

スプレッドは取引の数を増やすためにはなるべく狭くしたいものですが、海外の業者は変動制が多くなります。

固定スプレッドは海外の業者でも採用されるため、ボーナスやハイレバレッジの取引をするためには迷わずXMを選ぶと良さそうです。

ほかは変動スプレッドが中心になるため平均値を参考にして選ぶことを考え、安心して利用できる業者を探すと自分なりにトレードスタイルを決めることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です