海外FX業者と国内FX業者のスプレッドはなぜ違う?

スプレッドとは?

スプレッドとは?の画像

スプレッドはいわゆる売値と買値の差額のことで、通貨ペアや口座タイプによって異なります。
いわゆる取引コストとして扱われ、固定制と変動制があります。

固定制の場合でも「原則固定」として表記される場合は大きな値動きがあれば変わることもあり、そのタイミングを理解してトレードをすることが大事です。

スプレッドは狭いとコスト削減ができてトレードに有利になり、短期売買やスキャルピングなどを中心にするスタイルであれば効果を出せます。

為替レートはニュースで発表されていますが「1ドル105円50銭から55銭の間で取引されています。」と曖昧になりますが、実際にはこの5銭の差額がスプレッドです。

通貨の売値と買値は同額ではなく異なり、スプレッドとして表示されます。
変動制であれば平均値を参考にすると比較でき、実際にはリアルタイムの数値で取引が行われることが特徴です。

スプレッドを表記する際には単位として銭またはpipsを用いますが、銭は取引する片方の通貨が日本円の場合でありpipsは世界中のトレーダーが分かりやすくなるようにした共通の単位です。

pipsは1ロットあたりの数値で示され、海外の業者のECN口座の取引手数料にも使われ海外FXをするための基本になります。
基本的に、スプレッドは取引が活発でないと広がりやすく、タイミングを見極めて最適な時間帯を選ぶようにすると良さそうです。

海外FXと国内FXのスプレッドを比較

海外FXと国内FXのスプレッドを比較の画像

国内の業者のスプレッドは基本的に固定ですが、あくまでも「原則固定」としており重要な経済指標発表時は広くなります。

一方、海外の業者は毎秒変化するなど動きが激しく、なおかつ国内の業者よりも広めです。
海外の業者は国内の業者と取引方法が異なり、NDD方式のためディーラーを介さないため約定拒否ができない代わりにスプレッドで利益を確保しています。

国内の業者のスプレッドは通貨ペアによって異なり、取引手数料が無料になります。
海外の業者の中でも国内の業者並にスプレッドを狭くするECN口座がありますが、多くの業者では取引手数料が別に設けられて取引コスト自体は増えます。

国内の業者の中で米ドル日本円を比較すると多くの業者で0.3pipsで手数料は無料ですが、海外の業者になるとスタンダード口座では1.0pipsから1.5pipsまで幅があり、ECN口座でも0.40pipsから0.50pipsの範囲で取引手数料がないものから1.0pipsまでかかります。

このため、海外の業者は全般的に取引コストが増えますが、新規口座開設や入金などのボーナスやレバレッジが最大で1000倍になり国内の業者と比較して40倍以上になるなどメリットがあります。

海外の業者はスタンダードタイプとスプレッドを狭くしたECNタイプがあり、それぞれの違いを把握してトレードスタイルに合わせて決めると便利です。

なぜ海外と国内のスプレッドに差があるのか

なぜ海外と国内のスプレッドに差があるのかの画像

国内の業者の取引方法はDD方式のためディーラーが間に入り、業者に不利な内容の取引があれば約定拒否や入金拒否などが発生します。
このため、取引を調整できる反面スプレッドを狭くして利用者を増やすことを考え、敷居を下げる傾向が強いです。

逆に海外の業者は取引方式がNDD方式になり、間にディーラーが入らないため内容に関わらず約定を必ずする必要があります。
それにより、利潤の確保が困難になり、逆にスプレッドを広くして利益を確保する狙いがあります。

裁量トレードは海外の業者の特権というべきメリットですが、スプレッドが広くて取引コストがかかることがデメリットです。
このため、スプレッドを狭くするECN口座を設定する業者もありますが、取引手数料が別にかかるため取引コスト自体は増えます。

以上のように、海外の業者と国内の業者のように取引の内容を操作できないため、スプレッドを利益の柱として考える傾向が強いです。

また、価格の値動きに影響されやすくあくまでも平均値を参考に比較し、少しでも狭くするとお得にトレードができます。
ただし、海外の業者はスプレッドこそ広くなりますが、最大レバレッジが1000倍など必要な証拠金を減らせてボーナスが充実しています。

スプレッドは広いから悪いというわけでなく、レバレッジやロスカットシステム、ボーナスなどを比較して決めるようにすると最適な業者を選びやすいです。

スプレッドはメジャーな通貨ペアになると狭くなり、マイナーな通貨になれば広くなる傾向があります。
このため、スワップポイントで稼ぐためにマイナーな通貨を取り扱う業者を探し、差額を大きくすると放置するだけで稼げることがメリットです。

スプレッドが狭いと短期売買には有利になり、スキャルピングトレードをメインに考えているなら向いているといえます。

スプレッドはいわゆる業者の利潤を得るものだと位置付けられ、取引方式の違いによって決められる仕組みです。

スプレッドが狭いメリット

スプレッドが狭いメリットの画像

スプレッドはあくまでも取引コストの一部になり、基本的に狭ければ余分な出費を減らせることが特徴です。
このため、スプレッドが狭いと利益が出しやすくなり、ポジションを多く保有しスキャルピングを中心にすると効果があります。

業者によってはスキャルピングトレードを禁止しているため、一筋縄ではいかないものですが、許可されていることを確かめて決めると良いものです。
また、スプレッドは狭いとスリッページが起きにくく注文値とは違う値で決済されることを回避しやすく、経済指標発表時や金融ショックなどで大きな値動きがあった場合にも影響を受けずに済みます。

逆にデメリットはトレーダー側にはまったくありませんが、業者側からすれば取引手数料が減ってしまうことです。
このため、トレーダー側は狭いスプレッドを優先して選びたいものですが、広くてもボーナスやレバレッジなど有利な部分で差を縮めていることもあります。

国内の業者はスプレッドを極力狭くすることで新規に申し込むトレーダーを増やす狙いがありますが、不利になる取引はリクオートで拒否してしまうなど調整できるため一概に良いとは言えません。

海外の業者はスタンダードタイプの口座はスプレッドを広めにしていますが、新規口座開設や入金などのボーナスを充実させて利用者を拡大する傾向が強いです。
また、追証なしのゼロカットシステムを採用するなど口座残高がマイナスになっても請求されることもなく、入金の金額以上に損失を防げます。

しかし、スプレッドが広いことで利用されないことを防ぐためにECN口座を設置する業者も増えましたが、ボーナスが一切付与されないことや別に取引手数料を設けて業者側が利益を確保できるようにしています。

基本的にスプレッドを狭くする業者の狙いは利用者を増やすためですが、業者側からすれば利潤が小さくなるものです。

このため、トレーダーが業者を選ぶ際にはただ単にスプレッドが狭いから良いというわけでなく、ボーナスの金額や最大レバレッジ、信頼性や実績など他の部分を確かめてから決めないと逆に失敗することもあります。

スプレッドは国内の業者よりも海外の業者のほうが広めですが、他の項目に関してはアドバンテージがあるためトレードのスタイルに合わせて決めると良さそうです。

海外の業者の場合はスプレッドを利益の柱にしないと厳しいですが、その分魅力的なサービスが多くなっています。
ただし、スキャルピングトレードを中心に考えているならスプレッドの狭さは魅力になり、他の項目でデメリットが少ない業者を選ぶと良さそうです。

ただし、スプレッドを狭くするためには最低入金額が高いことや取引上の制限もあるため、きちんと認識してから決めるようにする必要があります。

スプレッドの狭いおすすめの海外FX業者

スプレッドの狭いおすすめの海外FX業者の画像

海外のFX業者を選ぶメリットはボーナスキャンペーンが充実しているなど多くの魅力があり、なおかつスプレッドが狭いと一石二鳥になります。

海外の業者は口座タイプが複数あり、スプレッドの広さおよび他のサービス内容などが異なることが特徴です。
ECNタイプの口座は狭いスプレッドに特化して国内の業者との差を縮めていますが、レバレッジを低く制限することやボーナスが付与されなくて最低入金額が高くなるなどそれなりにハードルがあります。

日本円と米ドルはスプレッドが狭い通貨ペアとしても有名で、流通量が多いために実現できる数字です。
このことを踏まえ、海外の業者の口座タイプ別のスプレッドを比較すると以下のようになります。

<スタンダード口座スプレッド一覧>

通貨ペアGEMFOREX
XM
AXIORY
TitanFX
LAND-FX
米ドル日本円1.2pips1.6pips1.2pips1.33pips0.9pips

<ECN口座スプレッド一覧>
※()内は手数料込みのスプレッド

通貨ペアGEMFOREX
XMAXIORYTitanFXLAND-FX
米ドル日本円0.3pips 0.1pips
(1.1pips)
 0.2pips
(0.8pips)
 0.33pips
(1.03pips)
 0.2pips
(0.9pips)

以上のように、スプレッドを比較する時はスタンダード口座は広めで、最も狭い業者はランドFXになります。

また、ECN口座の場合は取引手数料がないGEMFOREXが魅力で、ノースプレッド口座では0.3pipsと国内の業者に匹敵します。
なお、オールインワン口座でも1.2pipsと海外の業者の中では狭いことが魅力です。

GEMFOREXはスプレッドの狭さでは海外の業者の中ではトップクラスで、スキャルピングトレードをメインに考えているなら向いているといえます。
また、2010年に設立されて金融ライセンスも保有して悪質な出金拒否などもなく、日本人が取締役を務めるなど海外の業者の中でも使いやすくておすすめです。

GEMFOREXはスキャルピングトレードは公認しているものの5分以内で100万通貨以上の短期集中型を制限するため、時間などを考えてする必要があります。
他にも海外の業者の多くが採用するNDD方式ではなくDD方式のためノミが発生することもあり、それが大きなデメリットだったりもするようです。

しかし、追証なしのゼロカットシステムを採用するため口座残高がマイナスになっても請求されることはなく、安心して取引ができます。
また、最大レバレッジは1000倍と高く、必要証拠金を減らせて一獲千金を狙うことも可能です。

結局は、スプレッドが狭いためにスキャルピングにも最適で、豊富なボーナスキャンペーンもあるため初心者でも登録して損はないですが、DD方式のためノミがあることだけに注意すれば何とかなりそうです。
しかし、取引通貨ペアが少なくてマイナーなものはなく、スワップポイントを狙う方法は難しくなります。

スキャルピングトレードをする時は一部制限があるため一筋縄ではいかないものですが、スプレッドが狭いことは魅力になります。

しかし、DD方式に対して信用できない場合はTitanFXにするとスプレッドが狭く、最大レバレッジは500倍でFX以外にも多くの銘柄があります。
金融ライセンスも保有して日本語サポートも充実し、NDD方式にしたいならば考えてみると良さそうです。

スプレッドが狭いことは取引手数料を減らせるため選ぶに越したことはないですが、ボーナスやレバレッジ、取引方式、業者の運営実績などを確かめて決めないと思わぬ失敗をすることもあります。

海外の業者の多くはNDD方式が採用されていますが、GEMFOREXやLAND-FXはスプレッドが狭い代わりにDD方式でノミが発生する可能性も高いです。
ノミは利益を出しても調整されてしまうため意味がなく、なるべく避けたほうが良いこともあります。

このため、TitanFXを選ぶとリスクが低くてベストになり、取引の透明性の高さや信託保全で資金管理がしっかりしていることやオーストラリアで金融ライセンスも保有しています。
以上のことを踏まえると低スプレッドの業者を選ぶ時はTitanFXにするとベストで、少しでも利益を出せるようにコツをつかむと効果が高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です